Charntel.net

少しずつでも前へ。
Charntel.net
トップページへ戻る

最近全然更新していない

7月からではありますが、ウェブの制作会社さんでお世話になることになりまして、日々覚えるために格闘する日々を過ごしています。
というわけで長らく更新をしていなかったのもあり、最初このブログもIDとパスワードを忘れているという始末。
でも一応ちょっと前ではありますが、落書きを描いたのであげてみます。

1201
QMA8でルキア使っているので、ルキアを描いてみました。
まぁ明るくて活発的なことっていいよね。っていうね。

キリっ

自分が女性を描くと、こういう表情が多くなるなぁと実感した1枚を。

0103

キリっと気丈な雰囲気がなにかと多いとの噂が。

これはあくまで自分が感じた事なので、必ずしもそうとは限らないかもしれませんが、
特にフリーテーマに描く絵は、描く人の心情がどこかしらに滲んでくることが多いのではないかなぁと思うことがあります。
気分が落ち込んでいるときに描く絵は、「どこか寂しそう」なんて言われることが多かっただけというのもありますが(笑)

それが少なからずも実際に存在するのであれば、こうした「何かを見据えているかのような。」
芯のある表情を描く事が多い現在は、前向きでいられているのだろう。とか、
それこそ「前向き」に考えることができます(笑)

ワラキアの夜

これは結構前に描いたラフ画なのですが、技術などはともかく、表現が気に入っているので掲載しようかと。

0104

格闘ゲーム。メルティブラッドに登場するワラキアの夜です。

2D格闘ゲームは最近までやったことがないのですが、やったことがない物に挑戦しようという思いつきで、メルティブラッドを始めたことがあったんですよね。連動して知人から原作にあたる『月姫』も借りてみたり。
原作をプレイしてみると、自分はアルクエイドにハマったので、当初は『暴走アルクエイド(通称ワルク)』を使っていたんですが
色々触っていくうちに、ワラキアの夜さんに出会ってしまったので、途中ガラっとキャラ換えをしたという過去もあります(笑)
表現が難しいのですが、こうした『ワラキアの夜』というキャラクターそのものが、自分自身の『カッコいいなこの人』スイッチにハマるところがあるようです。

テーマとしては、『運命を理解し、その運命に逆らうべく、超えてはならない境地に挑戦しつづける。』
冷静に判断、計算できる反面、その結果をどうしても受け入れたくなかった。という2つの顔を表現したくなりました。
今でこそメルティブラッドもプレイしていませんが、時々、ワラキアさんを動かしたくなることがあり、1クレジット入れることはあります。