エラーページのカスタマイズ

本来であれば表示されないことが望ましい404や403のエラーページですが、細心の注意を払っていていたとしても不測の事態が発生したり、直接パスを指定するなど、紙一重の操作で表示される可能性があるわけですね。
サーバーによって仕様が異なるとおもいますが、.htaccessが利用できれば、こうしたエラーページを自分なりにカスタマイズできます。
今回ポートフォリオの本格始動に合わせて、デザインを新調してみました。

1402

404。File not Foundのページ。青を基調としています。

 

1401

403。Forbiddenのページ。404とは色違いにして、エラー区別をハッキリとさせました。

エラーページで検索などをかけますと、企業さん、個人さん問わず、独創的であったり凝っていたり、
時には一瞬なんのページなのかわからないくらいに作りこまれたエラーページを目にすることができますね。
今回はひと目でエラーであるということを単刀直入に伝えられれば。という意図で、シンプルながらも目に飛び込んでくるかのようなレイアウトを意識してみました。
こうしたページも数少ない、貴重な表現の場面だとおもいますので作りこんでいきたいと考えています。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)