7のパソコン・モバイル検定

前回QMAの自己紹介をしたときに、7でのプレイ頻度が大分低いということも書き添えましたが
黄金賢者までやっててよくいうよ。といわれてもおかしくはないですね。その原因がこのパソコン・モバイル検定にありましたw
今日はそのことについてでも書いてみようかとおもいます。

この検定をやりこもうと決意したときは、「翌週末には検定ランキング締め切りますよ」っていうギリギリのラインでした。
情報によればその前の新問配信で易問が増えたということだったので記録を狙うには不利ではないか。という話も受けたけど、突発的だったからしょうがないんじゃないかと。
この検定をやりこもうと思ったきっかけは、

・自分がパソコンやウェブに触れる機会が多かった。
・難問もひとたび覚えれば、覚えやすい単語が多いのでとっつきやすい。
・というか難問らしい難問がさほどない。(ミリタリー検定との比較)

個人差もあるとはおもいますが、きっかけは上記ですね。
やはり歴史、社会的な問題に比べると、歴史も浅いジャンルなのも大きそうな気がします。
その証拠に最高得点も6700点台。と全部の検定を見渡しても数字が伸び悩んでる。つまり高得点といえる問題も少ないと考えられます。逆に普及が急速に進んだジャンルでもあるので、常識問題の括りが極端だというのもあるとおもいますが。

まったくパソコンやモバイルに触れないというひとも多いですから、そういった人からすると意味がわからないのに、配点が全体的に低すぎる気もするんだけどなぁ。

で、自己ベストはこのくらいでした。
0503
結果的には77位でした。

期間が短いとはいえ微妙だなぁ。とはいえ、終了3日前なんか、朝まで営業していると聞いて、六本木ボルテックスまで足を運んで朝まで頑張ったりしたんですよ。
自分の場合、6000点ちょっとを超えるセットは多かったんですが、パンチが足りない。
6100点で迎えた最終問題が「メインメモリ」のタイピングで100点ちょっととか、そりゃねーだろとw
もしここで391点問題が炸裂したら、トップ20位台は固かったのにね。

つまり検定は突き詰めると運ゲーなんだよね。
いい問題セットを引き当てる意気込みと、それを待ち続ける時間とお金が全てかな。もちろん殆どの問題を調べて頭に叩き込んで、即答するのが前提条件ですが。
前作のミリタリー検定では、すくなくとも白金賢者初段~宝石賢者分くらいはまわしたけど、7000点超えたのは一桁しかなかったですからね。もちろんいい問題を引いても、ミスらず即答してモノにしないと話が始まらないんだけどね。

 

まぁ納得いかないところは多々あるけど、敢えていうとすれば
時期によって配信される問題が大きく変わるのは不公平な気がするし、(易問が増えようが難問が増えようが)
期間内は問題は更新されなくてもいいとおもう。
あと同じ答えなのに形式で点数が大幅に違うのもなぁ。この検定でいえば、「アルファブロガー」がキューブで出るのとタイピングででたときの差。マルチセレクトとの絡みは仕方ないとおもうけどね。

意外にこの検定、「難しいなぁ」っておもう問題の点数が低いのが驚きだったかな。「HSDPA (9%)」の並び替えと、「KISSCOMI(9%)」のタイピングとか…。
「こんどうじゅんや」「ツバル共和国」「ABC開発者の名前」あたりでると、手が伸びるんですけどねw
まぁ他の問題がしけて50点前後問題を引いたら終わりだけどw

と。ともあれ、この検定を頑張った!という皆様。お疲れ様でした!
並び替えやタイピングなど、ライスタで捕まえたら充分美味しいので、決して無駄ではないですからね。
「1048576」「16777216」の並び替えとかでないかなぁ!
そしてこの検定を通じて更に話が深まったクレヤマさん。ありがとうございました!おつかれさまでした!
オフでお会いしたら検定しましょう^^

 

この検定のせいで、7月入った時は青銅賢者3段だったのに、黄金賢者2段になってしまいましたorz

2 Comments to “7のパソコン・モバイル検定”

  1. KEY-15 より:

    コメントありがとうございます!
    お互い相当なプレイ数を重ねたはずですねw お互いの階級が物語っているw
    クレヤマ先生の記録は見事でしたし、わたしは短期間で頑張って100位以内に入った。ということで納得していますw
    トーナメントで少しでも強力な武器が身についたということで!

    考えてみたらこのペースで他検定も頑張ろうかなとおもいます。
    ジャンルの好き嫌いは個人差で絶対あるものなので、それに準じて頑張りの差はでるかもだけど
    逆を考えれば、苦手ジャンルを大幅に克服できるチャンスともいえるかもしれないですからね。
    (お笑い検定で芸能を一部強化。ヒロインでアニゲー、テレビ映画強化。政治や幕末検定、京都検定で社会文系の補強など)

  2. KUREYAMA@クレヤマとまちかねやまの中の人 より:

    取り敢えずコメントテストも兼ねてw

    まずはお疲れ様でした。
    まさか自分もここまでやりこむようになってしまうとは思いませんでしたが(苦笑)

    まぁこおまで運に左右される検定も珍しいといえば珍しいですが
    それでも検定終了間際で6600のセットも出ていたみたいなので
    この辺りは本当紙一重な世界ではあったと思います。

    というか今やってみると易問でさえポロポロ落としてしまう始末www
    鉄は熱いうちが一番ですね。

Leave a Reply

(必須)

(必須)